四谷大塚の新1年生入学準備講座の募集が始まる

四谷大塚の新1年生入学準備講座の募集が始まる 1年生
リケパンダ
リケパンダ

みなさん、こんにちは!
リケパンダ(@rikepanda)です。
早くも入学準備講座の募集開始。
昨年度はキャンセル待ちでした。

入学準備講座

四谷大塚で9月から年長さんを対象とした新1年生入学準備講座が開講されます。

昨年度も人気があり、習い事が多い曜日は早期にキャンセル待ちになっていました。


驚きのカリキュラム

年長さん対象とはいえ、驚きのカリキュラムになっています。

期間は9月から1月までで、週1回です。

途中から受講をすることもできますが、できれば9月から参加したいです。

1回の授業は算数、国語、英語で120分となっています。

昨年度よりも更にバージョンアップした内容になっています。

四谷大塚は常に大学入試改革など将来を見据えたカリキュラムになっています。

大学入試改革は中学受験にも大きく影響します。

2020年の小学校でも英語が必修科目になります。

特に現1年生が6年生になる頃には、中学受験でも英語が必須になるとも言われています。

英語教育の早期化か疑問はありますが、この流れを変えることはできないでしょう。

入学前に九九の暗記

新1年生の入学準備講座とはいえ、たし算やひき算はもちろん九九の暗記まで終えます。

数の性質を意識したテキストも素晴らしいです。

入学前に九九の暗記まで終えてしまうと、最レベやトップクラス問題集もかなりスムーズに進めることができます。

家庭学習でかけ算を教えるのは想像以上に大変です。

正しい市販教材を選ばないと、本当にただの九九の暗記で終わってしまいます。

九九の暗記は最終段階で、前提として数の性質をきちんと理解しておく必要があります。


国語は漢字も

国語は1年生の漢字を終えてしまいます。

漢字学習はスタートを間違えると漢字嫌いになってしまいます。

入学準備講座でプロの先生から漢字の書き方を教えてもらうのが理想です。

あと多くの子が苦手意識を持つ、作文もあります。

大学入試改革でも高いレベルの記述力が要求されます。

これまでのように型にはまった記述ではなく、相手に自分の意見をきちんと伝える記述力が求められます。

作文というと、そもそも何を書いていいのか分からずに固まってしまう子もいます。

自由な発想ができる年長さんから作文を書く楽しさを実感して欲しいです。

編集後記

四谷大塚の新1年生準備講座が9月から開講されます。

全16回で1万2,000円(税別)と価格にも驚かされます。

今年も早期に申し込まないとキャンセル待ちになる可能性が高いので注意してください。