つるかめ算や植木算を1年生でもう習っている

つるかめ算や植木算を1年生でもう習っている 1年生

レベルが高過ぎる

レベルが高過ぎると話題になっている無学年制の算数教室を見学してきました。

1年生なのに、つるかめ算や植木算をやっています。

この子達に追いつける日が来るのでしょうか。

不安になってきました。


算数にもいろいろある

算数にもいろいろ種類があります。

学校で習う算数、サピックスで習う算数など同じ「算数」といっても中身は大きく違います。

1年生から将来の夢によって習うべき算数も違ってきます。

理解していたつもりでしたが、実際に算数教室を見学してレベルの違いに衝撃を受けました。

つるかめ算や植木算

つるかめ算や植木算を1年生で習っている子どもを見てショックを受けました。

つるかめ算や植木算といっても基礎レベルですが、すでに自分のものにしています。

楽しそうに問題を解いている子どもたち姿から、本当に算数が大好きなんだということもよくわかります。

やはり好奇心が高い低学年は無学年制の算数と相性が良さそうです。

ただ出遅れ感があるので、今から入塾して本当に楽しめるようになるかは不安があります。

周りの子と自分を比較して、算数を嫌いになる可能性もあります。


環境が重要

「孟母三遷」という言葉があるように、環境はとても重要です。

ただ今回の算数教室は通塾圏内とは言い難いエリアにあります。

時間のロスと体力の消耗を考え、入会は断念しました。

過去にも通塾時間の関係で諦めた教室があります。

子どもが小学生になる前に教育環境の良いエリアに引越しを検討するべきだったのかしません。

編集後記

話題になっている無学年制の算数教室を見学しました。

関東の中学受験は4教科バランス型が多いとはいえ、算数が得意な子は有利になることは間違いありません。

わが家も家庭学習では無学年制を取り入れているつもりでしたが、実際に算数教室を見学すると、まったく別ものでした。

アプローチの仕方が少し間違っていたのかもしれません。

参考にできることは、積極的に取り入れていきたいです。