全国統一小学生テスト対策として最低限したい2つのこと

全国統一小学生テスト対策として最低限したい2つのこと 1年生

全国統一小学生テスト

11月3日(月曜・祝日)に四谷大塚の全国統一小学生テストが実施されます。

何も対策をせずに普段の実力を試すのもひとつです。

ただテストである以上は、何かしらの対策はしたいです。

今回は過去の中学受験ブログを参考に、最低限の2つに絞って対策を書きます。


過去問を使う

テストで1番効果的なのが過去問を使った対策です。

「過去問に始まり、過去問で終わる」という言葉があるくらいです。

過去問は2017年11月、2016年11月の2回分を用意してください。

メルカリ等のネットオークションで入手することができます。

間違えて6月実施回を購入しないように注意してください。

わが家は知り合いから運良く譲り受けることができました。

同学年だと難しいですが、下の学年であれば気軽に譲ってもらえるでしょう。

はなまるリトル

出題傾向に慣れるには、四谷大塚のはなまるリトルがおすすめです。

はなまるリトルは1年生のみでは範囲的に厳しいかもしれません。

できればはなまるリトル2年生の中盤までは終わらせておきたいです。

はなまるリトルの出版年度が少し古くなっており、いまの基準からすると少しカリキュラムの進み方が遅いです。

2年生であれば、はなまるリトル2年生はなまるリトル3年生の2冊必要になります。

現在のカリキュラムは四谷大塚の受付で教えてもらえます。


準備は最低限

全国統一小学生テストに関しては2年生までは最低限の準備をおすすめします。

平均点は年長生が80%、1年生が70%、2・3年生が60%と高めに試験問題が作成されています。

最低限の準備でも好成績が狙えます。

普段の学習プラスアルファ程度に抑えておかないと、学習ペースが乱され新学年の準備に影響します。

編集後記

全国統一小学生テスト対策として最低限したい2つのことについて書いてみました。

4年生の6月はIvy league視察団があるので特別な回です。

それ以外の回に関しては、特別に力を入れる必要もないかもしれません。