フォトン算数クラブとエルカミノという選択肢を考える

フォトン算数クラブとエルカミノという選択肢を考える 中学受験

算数専門塾に通う子が増える

算数専門塾に通う子が増えています。

中学受験で受験者平均点と合格者平均点の差が1番大きいのが算数です。

低学年の間にフォトン算数クラブやエルカミノに通う子が増えています。

フォトン算数クラブの実績

フォトン算数クラブのサイトを見ると、各塾のテストでの実績も素晴らしいです。

御三家や早慶以上をめざすSAPIX生に人気があります。

特に新2年生と新3年生を対象とした飛び級システムは最難関をめざす家庭から高い評価を受けています。

SAPIXに通って、みんなと同じことをしていても良い結果には繋がりません。

他の子と違うことをして、集団から抜け出す必要があります。

講師陣も大手塾の元最難関クラス担当者が多く安心できます。

近年は人気になりすぎて、入塾テストのハードルも高くなっています。


理数系専門塾のエルミカノ

理数系専門塾のエルカミノも人気があります。

「中学受験4科を論理思考で制する」というキャッチフレーズ通り、思考力養成に定評があります。

全3回の公開体験授業に参加しましたが、質の高いプリントに驚きました。

テキストの質ではトップクラスです。

エルカミノにも飛び級システムがあります。

5年生までに中学入試の算数をすべて終わらせ、6年生は筑駒など超難関校への対策をします。

やはり最難関をめざすなら、みんなと同じでは勝てないということでしょう。

共通して言えること

共通して言えることは、飛び級システムです。

SAPIXなどの大手中学受験塾では予習は不要と言われます。

ただ上位陣の生徒は、先取り学習をしています。

新4年生になると理科と社会が始まります。

カリキュラムもどんどん進み、1週間後には復習を完全に済ませておく必要があります。

クラスが上がれば上がるほど、演習量も増えてきます。

できれば算数専門塾を活用して、新4年生になる前に算数の苦手意識は克服しておきたいです。


編集後記

フォトン算数クラブとエルカミノという選択肢について考えてみました。

塾に通ったからといって、必ず算数が得意になるわけではありません。

特に算数専門塾は、どういう子を対象にしているのかを見極める必要があります。

中学受験
めざせリケジョ
タイトルとURLをコピーしました