スポンサーリンク

全国統一小学生テストが終わり自己採点をしました

全国統一小学生テストが終わり自己採点をしました 中学受験
スポンサーリンク

全国統一小学生テストが終わる

四谷大塚の全国統一小学生テストが終わりました。

ブログを見ていると、早くも自己採点の報告があがっています。

わが家はテストが終わった開放感で遊んでしまいました。

帰宅後、簡単に親子で自己採点と課題探しをしました。

算数は解答速度も重要

算数は正確な計算はもちろん、解答速度も重要です。

6月の全国統一小学生テストと比べると、問題のレベルが上がっています。

最終問題に時間を掛けるためにも、前半部分の解答速度を上げる必要があります。

解答速度を上げるためには、計算速度を上げるしかないです。

いちいち筆算をしていたら、時間がいくらあっても足りません。

普段の家庭学習から筆算を使わずに暗算で問題を解く訓練が必要です。

6月から大きな進歩としては、問題用紙にたくさん書き込みがありました。


国語は出題傾向に注意

国語は各塾で出題傾向が違うので注意が必要です。

6月に続き、四谷大塚らしい問題が随所に出題されていました。

家庭学習では軽視しがちな問題です。

国語に関しても6月とは異なり、たくさん書き込みがありました。

読解問題にもきちんと線が引いてあり、普段からのアドバイスが活かされていました。

自己採点よりも大切なこと

自己採点よりも大切なことがあります。

自己採点は点数を確認するだけで終わりではありません。

子どもと一緒に自己採点をすることより、普段の学習の課題が見つかります。

今回も国語の簡単な問題を間違えていました。

簡単な問題ほど思い込みによるケアレスミスに注意が必要です。

ケアレスミス対策に関しては多くの書籍に書いてあります。

今回も本棚から関連本を取り出し、問題を解く時のコツを新たに教えました。


編集後記

全国統一小学生テストが終わり、自己採点をしました。

今回あれほど落としてはいけないと言った国語のサービスを間違えていました。

配点も高く、順位も大きく後退です。

ただ目標順位の上位5%には、ぎりぎり入れそうです。

次回は12月1日(土曜)にある早稲田アカデミーの冬のチャレンジテストか、12月2日(日曜)にある四谷大塚のリトルスクールオープンテストを受験予定です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
中学受験
めざせリケジョ
タイトルとURLをコピーしました