陰山英男先生おすすめ『4ます連算 分数編』で算数のつまずきを攻略

中学受験

陰山英男先生おすすめ『4ます連算 分数編』が発売

学研プラスから『4ます連算 分数編』が発売されました。

陰山英男先生のおすすめ『4ます連算』シリーズの続刊です・

『4ます連算』シリーズは昨年発売され、やる気を引き出し計算が速くなると話題になりました。

ちょうど家庭学習で、分数のわり算の計算練習をしています。

さっそく書店でチェックしました。

夏休みの朝学習におすすめです。

「4ます連算」シリーズで計算が速くなる

昨年発売された『4ます連算 入門編』と『4ます連算 基本編』は発売後、すぐ増刷になるほど大人気。

計算に対して苦手意識を持っている子からも多くの反響があったそうです。

その最大の特長は、ひとつの式に対して解答欄が「4ます」あること。

分数の学習内容をまるっと解説

たし算・ひき算・かけ算・わり算の答えを順番に考えることで、計算脳がフル回転します。

さらにタイムアタックをすることで、計算力とともに集中力も身につきます。

ゲーム感覚でどんどん夢中になります。


『4ます連算 分数編』で算数の難関「分数」がわかる

2年生の算数で難関なのが「分数」です。

通分と約分で大混乱する子もいます。

つまずいたまま放置していると、3年生になって算数がさっぱりわからなくなる可能性もあります。

4ます連算 分数編』は、分数の学習内容をまるっと解説してくれます。

分数の学習内容をまるっと解説

分数の意味を図と一緒に考えるから理解が深まります。

たす・ひく・かける・わるをイッキに

たし算・ひき算・かけ算・わり算を一緒に解くことで、瞬時に使いわけられるようになります。

「4ます連算」シリーズは中学受験にもおすすめ

「4ます連算」シリーズは中学受験にもおすすめです。

繰り上がり・繰り下がりの計算に心配があるなら『4ます連算 入門編』から始めることをおすすめします。

4ます連算 基本編』は、わり算があるので進度によっては少し難しく感じるかもしれません。

わり算は思いきって飛ばして、たし算・ひき算・かけ算だけに絞るのもひとつの手です。


編集後記

学研プラスから『4ます連算 分数編』が発売されました。

ちょうど家庭学習で分数のわり算の計算練習をしています。

単元が進み、分数の複雑な計算も増えてきました。

分数の基本計算力確認と計算速度アップに『4ます連算 分数編』を朝学習に導入しようと考えています。

中学受験
めざせリケジョ
タイトルとURLをコピーしました