低学年から朝型の勉強習慣を身につける

低学年から朝型の勉強習慣を身につける キッズBEE

低学年の学習習慣

学校から帰ったらテレビを観たり、ゲームをしたりと大忙し。

気がついたらキッズBEE対策の学習時間がなくなり就寝時間になってしまう子も多いと思います。

特に低学年の間は生活習慣の中に勉強の時間を組み込むのは難しいです。


ゴールデンタイム

22時〜2時の4時間はゴールデンタイムと呼ばれています。

諸説あるので詳しい内容は避けますが、やはりシングルエイジといわれる9歳までは早めに眠ることをおすすめします。

特に低学年の子が睡魔と闘いながら勉強しても、集中力が持たず効率が悪いです。

朝型のすすめ

そこで夜は21時までに寝て、朝5時に起きる朝型がおすすめです。

じつは学習に最適な時間帯は朝だという東大生も多いです。

東大受験生というと夜遅くまで勉強しているイメージがあります。

でも、それは直前期だけです。

受験のプロともいえる東大受験生は朝型が多いです。

朝はまだ外も静かで集中力も高まります。

もちろん気持ちよく目覚めるためには十分な睡眠時間が不可欠です。


夜型だと大変なことも

夜型を朝型に直すのは想像以上に難しいです。

6年生の中学入試本番直前になっても、夜型が治らずに苦労する子も多いと聞きます。

中学入試は試験開始時刻は9時が多いです。

ベストな状態で試験に臨むためには、開始3時間前には起床しておく必要があります。

最初から朝型がおすすめ

試験直前に夜型から朝型に直すよりも、最初から朝型で学習するほうが生活リズムを崩さず安心できます。

生活リズムを崩すと体調まで悪くなるお子さんもいると聞きます。

できれば家族全員が朝型になるのが理想です。

成功者は朝4時30分に起きているなんて本が少し前に流行りましたよね。

編集後記

今回は学習に最適な時間帯を考えてみました。

もちろん、ひとりひとり最適な時間帯は違うと思います。

だだ朝5時から登校時刻という決められた時間帯にすることによって締め切り効果も期待できます。

まさに早起きは三文の徳ですね。

サイト内検索