サピックスのような大手塾か個別指導か

大手塾か個別指導か 1年生

大手塾以外の選択

中学受験は大手塾以外にも、通信教育や個別指導など選択肢はたくさんあります。

志望校合格へのルート選択をするためには、最初の段階で子どもの性格を考慮して各選択肢を検討する必要があります。


大手塾の問題点

大手塾の集団指導の問題は生徒ひとりひとりに時間が掛けられないということです。

講師と積極的にコミュニケーションを取ることができる子は集団指導向きといえます。

ただ消極的な子は授業中の発言もあまりできなかったり、質問もできずに帰宅してしまうようです。

小学生にとって分からないところを質問するというのは、大人が考える以上に勇気が必要です。

特に基礎段階でわからない所がわからないという状況におちいると、そのまま放置してしまう危険もあります。

理想は個別指導

子どもはひとりとひとり個性があり、学習スタイルも違います。

子どもの能力を本当に伸ばそうと考えるなら、個別指導が理想です。

大手塾のように年間カリキュラムに縛られることなく、先取り学習でどんどん先へと進めることもできます。

もちろん苦手分野があれば1学年下まで戻る後取り学習も可能です。


個別指導の問題

個別指導を調べてみると、教える講師によりランクがあるようです。

最高峰のプロ講師の完全1対1になると、指導料もかなり高額になります。

もちろん実績があるプロ講師からマンツーマンの指導が受けられる機会は貴重で、指導料以上の価値はあります。

有名なプロ講師になると、すぐに枠が埋まってしまいます。

できれば低学年からコンタクトを取り、空き状況等を確認することをおすすめします。

またサピックスのプリバート、グノーブルのグノリンクのように苦手分野をサポートしてくれるところもあります。

編集後記

個別指導も検討しましたが経済的な理由であきらめました。

大手塾の中には各科目の講師が常時質問を受け付けてくれるところもあります。

大手塾を利用しながら、不得意分野をプリバートなどの個別指導で補いたいです。

サイト内検索