サピックスの入室テストのコース基準と偏差値

サピックスの入室テストのコース基準と偏差値 1年生
リケパンダ
リケパンダ

みなさん、こんにちは!
リケパンダ(@rikepanda)です。
いよいよ明日は成績速報が発表。
結果が気になりますね。

日程を勘違い

サピックスの組分けテスト兼入室テストの成績速報は明日7月4日午後3時にマイページに掲載されます。

日程を勘違いして、今日の午後3時にマイページをチェックしていました。

気にならないと言いながら、やはりテストの結果は気になります。


偏差値とコース基準

得点は気になりますが、今回は入室テストとして受験したので偏差値とコース基準は気になりません。

もし偏差値65だったら、学習量を減らして遊びの時間を増やしてもいいのでしょうか。

偏差値65でも偏差値50でも、一生懸命に勉強しないと偏差値は下がるし、現状維持もできません。

コース基準も同じです。

最上位クラスだからといって安心していたら、2番手クラスの子にあっという間に抜かれてしまいます。

偏差値やコース基準を気にするのではなく、別のテストで同じ問題や類題が出題された時に、どうやったら正解することができるかを考えるべきです。

ライバルとの勝負は新6年生になってからです。5年生までのライバルは昨日の自分です。

塾を極めない

大学受験でも、よく言われることです。

塾の上位クラスになることばかり考え過ぎると、志望校に合格するのが逆に難しくなります。

塾に行く目的は最上位クラスに所属することではありません。

塾に行く目的は志望校に合格するためです。

サピックスに通塾していると、いつの間にかアルファクラスに所属することが目的になりがちです。

もちろん所属するクラスは立ち位置を知る意味で重要です。

ただ本来の目的を見失うと迷走することになります。


志望校対策を忘れない

サピックスや四谷大塚などの大手中学受験塾はさまざまな中学校の試験対策をします。

もちろん志望校には絶対出題されないような分野の学習もする必要があります。

一部の天才を除き、全分野を極めるのは不可能です。

志望校の出題傾向を早めに把握して、よく出題される分野に比重を置くべきです。

編集後記

いよいよ明日7月4日午後3時に組分けテスト兼入室テストの成績速報が発表されます。

1年生のブログを読んでいると、予想以上に四谷大塚のリトルスクールオープンテストとダブル受験した子が多く驚きました。

たくさんいい刺激を受けています。