四谷大塚のリトルくらぶを家庭学習に取り入れる

四谷大塚のリトルくらぶを家庭学習に取り入れる 1年生
リケパンダ
リケパンダ

こんにちは!
リケパンダ(@rikepanda)です。
リトルくらぶを検討中です。
評判も良く気になってます。

四谷大塚の通信教育

四谷大塚の通信教育リトルくらぶを家庭学習に取り入れることを検討しています。

家庭学習をしていると1番問題になるのが、教材選びです。

四谷大塚の通信教育なら、通塾生徒と同じテキストで学べます。

最難関中学をめざす家庭の多くが、サピックスと併用して予習シリーズを使っているのも大きな魅力のひとつです。


安心のテキスト

四谷大塚の通信教育なら、通塾生と同じテキストとカリキュラムで学べるので安心です。

四谷大塚といえば予習シリーズです。

低学年向けのジュニア予習シリーズも評判が良く、内容も素晴らしいです。

難易度も中学受験の基礎力を身につけるのに、ちょうどいいレベルです。

通信教育のメリット

通信教育を受講するメリットのひとつが先取り受講ができることです。

大手塾は通塾での飛び級を認めていません。

ただ四谷大塚もサピックスも通信教育に関しては、先取り受講を認めています。

先取り学習をしている子にとって、特に1年生の学習内容は物足りなさを感じるでしょう。

1年先取りすることにより、日々の学習にも余裕が生まれます。

もうひとつは朝型学習ができることです。

学校に行く前に課題が終われば、下校してからは自由時間です。

友達と遊んだり、習い事もできます。

週1回とはいえ、1年生の子にとって通塾は大人が考えるよりも負担になります。


通信教育のデメリット

通信教育の最大のデメリットが、親の学習管理能力が求められるということです。

通信教育で学習をしているブログを読んでいると、スケジュール通りにできている子は少ないです。

やはり1年生は、まだまだ勉強よりも遊びです。

ホームワークを活用して、1日1ページでも勉強する習慣を1年生の間に身につけたいです。

編集後記

四谷大塚のリトルくらぶを家庭学習に取り入れるか検討しています。

1年生の日々の学習時間は40分程度です。

質の高いジュニア予習シリーズを使い、効率的に学習したいです。

他の通信教育も資料請求して研究しています。