新学年のクラスは11月と1月のテストで決まる

新学年のクラスは11月と1月のテストで決まる 1年生
リケパンダ
リケパンダ

こんにちは!
リケパンダ(@rikepanda)です。
新学年まで残り6ヶ月。
本当に早いですね。

新学年に向けて

大手中学受験塾の新学年は2月スタートです。

新学年を上位クラスでスタートするためには、11月と1月にある各塾のテストで成績上位を取る必要があります。


四谷大塚は11月

四谷大塚は11月3日の全国統一小学生テストと12月2日のリトルスクールオープンテストで新学年のクラスが決まります。

新学年は2月開講だと思いのんびりしていると出遅れることになります。

特に現3年生は予習シリーズ準備講座が9月から開講されます。

他のライバルに負けないように、早めの準備で好スタートを決めたいです。

1年生と2年生も特別講座の受験資格が判定されます。

サピックスは1月

サピックスは1月に入室・組分けテストがあります。

新2年生の立ち位置を確認するためにサピックスの入室・組分けテストは受験する予定です。

サピックスのテストは1年生から首都圏の優秀児が受けに来ます。

7月の入室・組分けテストでは算数100点が78人もいました。まさに驚異的な数字です。

1月も同じく算数100点が続出する可能性が高いです。

算数は100点、最低でも1問ミスまでにレベルを高めておく必要があります。

国語に関しても上位グループは記述問題以外は完答してくるでしょう。

記述問題でどれだけ部分点のハードルと飛び越えて、完答に近づくかが勝負の分かれ目になります。


新学年の準備を早期にする理由

新学年に向けた準備を早期にする理由は、新学年を有利に進めるためです。

低学年の偏差値や順位は参考程度という意見が多いです。

とはいえ上位クラスにいると子どもの勉強に対するモチベーションも高まります。

勉強が楽しいと感じられると学習がスムーズに進み、親が「勉強しなさい」といちいち言わなくても自学自習してくれるようになります。

編集後記

新学年まで残り6ヶ月になりました。

最近の四谷大塚はサピックスよりも前倒しのスケジュールになっています。

四谷大塚を検討しているのなら、入塾する準備も早めにしておく必要がありそうです。

サイト内検索