サマーチャレンジの結果と先取り学習の是非について

サマーチャレンジの結果と先取り学習の是非について 中学受験

サマーチャレンジの結果

早稲田アカデミーのサマーチャレンジの結果が出ました。

ネットの情報によると、かなり難しかったようです。

わが家はイベントと重なり受験できませんでしたが、情報収集だけはしています。

先取り学習が有利

サマーチャレンジは先取り学習をしている子に有利な内容だったようです。

早稲田アカデミーだけでなく、四谷大塚も家庭での先取り学習を求めています。

いまは入学前に四則計算の基礎を終えている子が多いです。

算数100点が続出すると、テストとして成立しません。

先取り学習をしている子が有利な試験内容になるのは仕方がないのかもしれません。


先取り学習の是非

先取り学習の是非は繰り返し議論されています。

最難関中学に合格したブログを分析すると、先取り学習肯定派が多いです。

特に関西の浜学園や希学園は、先取り学習をしていることが前提です。

塾の授業についていくために、低学年から先取り学習をする必要があります。

関東ではSAPIXが低学年の先取り学習否定派なので、ブログを読んでいても先取り学習に懐疑的な意見が多いです。

志望校で決まる

先取り学習をするべきかは志望校で決まります。

やはり最難関レベルになると先取り学習は必須です。

関東の大手塾も4年生以降の最上位クラスでは、先取り学習が前庭で進みます。

算数と国語の2科目だけでなく、理科や社会も始まります。

知識ゼロの初見問題を次週までに復習をして、完璧に仕上げるのは相当困難です。

低学年から先取り学習をしておくと、高学年の負担を減らすことができます。

理科や社会の先取り暗記効果は期待できません。


編集後記

早稲田アカデミーのサマーチャレンジの結果を見て、平均点に驚きました。

無料テストは「勧誘」の意味もあります。

どこの大手塾も2月の新学年が始まる前に、ひとりでも多くの生徒を集めるのに苦心しています。

テストの結果を受け、学習内容を見直すきっかけができたとポジティブに考えたほうが良い結果につながります。

中学受験
めざせリケジョ
タイトルとURLをコピーしました