キッズBEEには算数力と国語力が必要

キッズBEEには算数力と国語力が必要 キッズBEE

算数オリンピックと国語力

キッズBEEは算数力はもちろん国語力も試されます。

特に低学年は国語力が弱く、問題文をきちんと読み解くことが不得意な子も多いです。

キッズBEEもテストである以上、早く正確に問題文を読み取る必要があります。

国語力を鍛えるのは想像以上に時間が掛かります。

時間的余裕のある低学年の間に国語力を鍛えておきたいですね。


おすすめは読書

国語力を鍛えるためには国語の問題集よりも読書です。

1年生になると絵本から幼年童話に移行する子も多いと思います。

幼年童話には名作がたくさんあります。

おすすめは図書館の書庫にあるような少し古い幼年童話です。

最近の娯楽要素が強い幼年童話と異なり、テーマ性のあるしっかりとした内容のものが多いです。

いまの子が読んでも、あまり古さを感じないと思います。

算数オリンピック対策のための読書だからといって、算数を題材にした児童書を選ぶ必要はないですよ。

算数が得意で好きな子が読むのには向いていますが、あまり親から押し付けられると算数嫌いになる危険があります。

読み聞かせも大切

幼少期から読書体験がないと、いきなり本を買い与えても読書は難しいです。

その場合は読み聞かせをおすすめします。

最初は大変ですが、慣れてくると読んでいるほうも楽しくなってきます。

楽しそうに本を読んでいるママやパパの顔を見て、読書って楽しいと感じ取ってくれたら大成功です。

幼少期にたくさんの書物に触れると、読書好きな子どもになりますよ。


読書を通じて広がる世界

子どもの世界は想像以上に狭いです。

普段お子さんが観ているテレビ番組を想像してみてください。

ある特定のジャンルに偏っていませんか。

ぜひ読書を通じてお子さんの世界を広げてあげてください。

幅広いジャンルの本を読むように、本選びのアドバイスをしてあげてください。

最近は総ルビの本が増えてきたので、漢字の読みの練習にもなります。

読める漢字が増えると、読書レベルも高くなりますよ。

編集後記

わが家も最初は読み聞かせから始まり、ひとりで読書できるようになりました。

国語力も子どもにとっては将来の貴重な財産になります。

サイト内検索