まもなくキャンペーン終了
算数オリンピック

算数オリンピック対策と中学受験との両立

算数オリンピックと中学受験との両立

算数オリンピック対策

キッズBEEやジュニア算数オリンピック同様、やはり過去問集を繰り返し何度も解くことが大切です。エルカミノや希学園など算数オリンピックに力を入れている中学受験塾もあります。そういう塾では算数オリンピック対策講座が開講されています。市販問題集を手当たり次第に解くよりも、プロが過去問を分析した上で実施される講座のほうが効率はいいです。ただ時間的な負担も大きいので、塾の先生に相談するなどして慎重に決めることをおすすめします。毎年多くの受験生を見てきているので、的確なアドバイスをもらえると思いますよ。

過去問集の入手方法

過去問集は算数オリンピック公式オンラインショップのみで販売されています。一般書店では入手できないので注意が必要です。例年、トライアル大会の直前になると完売になるので早めに入手してくださいね。


過去問の注意

第1回大会から掲載されている過去問集を入手したいところですが、残念ながら現在では絶版になっています。ネットオークションにもたまに登場しますが、価格が高かったり、競争率も高いです。ちなみに2018年度版は第17回〜26回大会の過去問が掲載されています。過去問は1年でも多く解きたいので、低学年の間に事前に過去問集を購入しておくのもおすすです。

中学受験とのバランスも大切

5年生以降になると中学受験とのバランスが大切になります。特に関東の中学受験は4教科のバランス型です。得意な算数ばかりに力を入れ過ぎて、残りの国語・理科・社会が疎かにならないよう注意してください。6年生から希望する志望中学対策コースに在籍するためには、ひとつでも上のクラスに在籍する必要があります。算数オリンピックに出場する予定があるのなら、低学年から先取り学習をして時間的余裕を作っておく必要があります。

編集後記

わが家は算数オリンピックはまだまだ先ですが、小6のファイナル大会まで算数を楽しめる環境を今から作っていこうと思います。

ABOUT ME
リケパンダ
リケパンダ
理系女子めざして親子でがんばまります。